ブロリコは糖尿病に効果はあるのか?

ブロリコの糖尿病の効果について

 

糖尿病の中の2型糖尿病は中高年になって肥満、運動不足やストレスなど生活習慣によるものが大きく、血糖値が上がってさまざまな病気を誘発していく一生直らない病気とされています。

 

糖尿病は、毎日の積み重ねでゆるやかに進行していく非常に怖い病気

 

悪化していくと、体の機能が落ちたり、脳梗塞や心筋梗塞など死にも繋がっていきます。

 

一般的に糖尿病と診断されると軽い場合には食事や運動療法を行い、進行状態によっては薬やインスリン注射をしていくケースもあります。

 

ブロリコとは健康を維持するために医療の権威もおすすめする機能性食品です。

 

ここでは、糖尿病に対してブロリコはどんなサポートできるのかを説明していきます。

 

 

ブロリコで糖尿病の予防ができるのか

 

ブロリコ(Brolico)とは、ブロッコリーから特許をとった特殊な抽出方法で取り出した栄養成分で、体内の免疫力のパワーとなるナチュラルキラー(NK)細胞の活性化を高める成分。

 

今のところ、免疫力をあげるエビデンスのある栄養はβグルカンを含む茸類や漢方薬に限りますが、ブロリコもそれ以上の効能があるのではないかという噂もあるくらいです。

 

つまり、ブロリコは体の健康維持を総合的にサポートできるエビデンスをもった機能性食品であり、糖尿病を直接予防できるような効果はありません。

 

糖尿病を予防するのであれば、道でありますが次の4つの生活習慣の改善をすべきでしょう。

 

 

 

1.適度な運動

 

2.ストレスをためない

 

3.十分な睡眠

 

4.食生活の改善

 

 

 

糖尿病になってからブロリコに期待できること

 

糖尿病になると、糖が血液に流れ込み血がドロドロとなり、神経や目や腎臓などにさまざまな障害を起こす三大合併症のリスクが上がります。

 

また、脳梗塞や心筋梗塞など、直接死につながる原因としてしまう動脈硬化も引き起こしてしまうのです。

 

しかも、血糖値をコントロールしなければ体の末端まで栄養が行き届かずに、あらゆる感染症も起こりやすくなります。

 

ブロリコは、ナチュラルキラー(NK)細胞を活性化が期待されるので合併症を起こしにくくなるのではないかとされています。

 

血液がうまく体の隅ずみまで行かないとスリ傷が治りにくくなったり、水虫など細菌に弱くなりしまいには壊死して手足を切断しなければならないケースもあるのです。

 

このようにブロリコは糖尿病患者の方にはサポートできる機能性食品ではありますが、直接に治療できるものではありません

 

ブロリコを利用するのにあたっては、口コミだけを頼らずあくまで医師に相談しきちんとした薬の処方と生活改善をメインにして治療していくべきでしょう。

 

>>ブロリコ研究所から無料サンプル付きの資料冊子を無料プレゼント

 

ブロリコの評判